昨日の日経平均は大幅上昇。

未明に米国で与野党が「急転直下の合意」をして、

「政府閉鎖」が解消されることになったため、

日経平均は再び2万4千円を回復しました。

また、日銀の決定会合は予想通り「現状維持」。

しかし、決定の中身よりも重要視されたのは、

その後の黒田総裁の「出口」についての発言です。

昨年末からの一連のメルマガでも書いている通り、

黒田執行部の動きは明らかに変化がみられ、

「その時」への準備は進みつつあるはずですが、

しかし黒田総裁は記者会見で固く口を閉ざして、

「出口」を想起させる材料を与えませんでした。

米国の「政府閉鎖」と日銀の決定会合という、

2つの「波乱要素」がひとまず去ったことで、

日経平均は2万4000円の「値固め」に成功し、

次の段階に移る可能性が出てきました。

ただ、まだまだ「先高感」は根強いとはいえ、

前号メルマガ(第196号:1月21日)でも書いたように、

そのまま一直線に上昇するのではなく、

適当なところで「調整」や「アク抜き」を挟みつつ、

「階段をのぼるように」行くのが自然な姿です。

米国の「政治リスク」がひとまず一段落し、

日本も「出口」への早期移行が明快に否定されたのに、

為替が円安方向に向かってはいないというのは、

やはり日経平均にとって「重石」ではあります。

仮にこのまま2万4千円の「値固め」に成功するとしても、

その後すぐ「調整」のいい頃合いが待っていますので、

「脳天気な上昇ムード」で思考停止しないことが、

こうした局面では大切なのではないでしょうか。

さて。

こうしている間にも、

国際情勢は猛烈な勢いで動いています。

昨年秋のトランプ大統領のドラマチックな訪中劇と、

昨今の北朝鮮をめぐる協調態勢から、

「蜜月関係」かとも思われていた米中両国ですが、

今年になってまた様相が変わってきており、

軍事的には南シナ海では激しく牽制し合い、

経済的には貿易戦争の兆候を示しています。

米中という世界の「2大強国」が、

くっついたり離反したりを複雑に繰り返し、

地球大の「グレート・ゲーム」も興じているわけです。

なにがなんだかさっぱりわからなくなりそうですが、

「インド太平洋戦略」というファクターを通すと、

かなりすっきりと頭に入ってくると思います。

戦前、欧州でめまぐるしい敵味方の入れ替わりを、

「複雑怪奇」だと言って辞任した日本の首相がいましたが、

今の東アジアに起こっていることも「複雑怪奇」です。

ただし、現在、我々の目の前で起こる「複雑怪奇」に、

日本の現首相は置いてけぼりを食らっているのではなく、

むしろ、「列強」として場面転換をリードする立場です。

いろいろと物議のある平昌五輪への対応をみても、

かなり戦略的かつ機動的に「ゲーム」を動かしています。

無論、こうした「ゲーム」に深入りすることは、

かなり危険な博打の要素も強いわけですが、

しかし日本の「明るい未来」というのも、

この「複雑怪奇」に打ち勝った先に広がっています。

日経平均の長期的な「先高感」の成否というのも、

こうした国際情勢に起因するところが大きいですので、

次号メルマガ(第197号:1月27日)では再び、

「インド太平洋戦略」について詳しく触れる予定です。

★メルマガのお申し込みはこちら⇒「申し込みページへ

※当月中のお申込みいただいた方には、当月発行分のバックナンバー(第194号:1月7日発行、第195号:1月14日発行、第196号:1月21日発行)が届きます。

【↓↓↓いつもお読みいただいて、ありがとうございます。少しでも参考になった方、面白いと思われた方は、以下のランキングページにクリックをお願いします↓↓↓】


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

全投資家必見!衝撃のメルマガ申込みはこちらから

※ バックナンバーについてはこちら → 【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2014】  アベノミクスの進撃
【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2015】  霞が関の予言「日本未来設計図」  【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2016】  「AI時代」と「百年の富」

※本ブログは国際情勢、政治、経済に関する情報分析と、私自身の相場観、相場分析、トレード・ノウハウをお伝えすることが目的です。読者の皆様への投資助言、推奨のようなことは一切行っておりません。また、記事の内容には万全を期していますが、市場では常に「想定外」の事柄が発生する以上、その正確性を保証するものではありません。さらにいえば、相場予測が正しくても、それで勝てるとは限りません。読者の皆様が、本ブログの記事を参考にトレードなさり、損失を出されることがあっても、筆者はいかなる意味でも責任を負いかねますことをご承知おきください。いずれにせよ、投資においては自己責任が絶対の原則ですから、情報武装、知識武装、リスクヘッジに万全を期されることをお勧めします。皆様が大きな富をつかまれることを、心よりお祈り申し上げます。

※本メールマガジン及び時鳥氏へのブログ等のコメントは時鳥氏及び時鳥メルマガ発行委員会の広報物あるいは著作等に使用させていただくことがございます。あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    None Found