*

来週から「3月相場」。

(午前0時の更新です) 米国市場の「上昇相場」も、日本市場の「気迷い」も、 どちらも継続したまま週末に突入しました。 日経平均はごくわずかに続落しましたが、 上にも下にも行

続きを見る

「ポスト・アベクロ」の経済政策は「救世主」か「妖怪」か。

(午前0時の更新です) トランプ政権の出す「超大玉」への「期待」もあって、 米国市場はじりじりと上昇が続いています。 一方、日経平均は「期待」と「不安」が交錯して、 先週以

続きを見る

国内政局の「台風の目」。

(午前0時の更新です) 昨日の日経平均は続伸。 トランプ政権とFRBの言う通りにやるのであれば、 円安ドル高の圧力がかかって当然のはずであり、 近いうちにトランプ政権が出す

続きを見る

「3月危機」、もし起こらば。

(午前0時の更新です) 昨日の日経平均はなんとか反発。 円高基調が一服したところに、 ソフトバンクの好材料も飛び込んでの上昇です。 遠からずトランプ政権の「超大玉」が控えて

続きを見る

こういう時にはこういう時なりのセオリーがあります。

(午前0時半の更新です) 先週末、日経平均はじわりと下げて引けました。 今週か来週にはトランプ政権が、 「あっ」と驚くような減税の「玉」を出すとされ、 NY市場は「期待」で

続きを見る

日本市場、「黄金シナリオ」に足りないもの。

(午前0時の更新です) 昨日の日経平均は反落。 確かにトランプの「玉」が待たれる局面です。 なんとか19300円前後の株価は維持しており、 また、過熱感はとうに払拭されてい

続きを見る

「3月危機」はあるのか。

(午前0時の更新です) イエレン議長の利上げに関する発言の一発で、 為替が円安方向に少し戻しました。 昨日の日経平均はこれが支援材料となり、 大幅反発となって引けています。

続きを見る

「トランプ・リスク」と「安倍政権のリスク」。

(午前0時の更新です) フリン大統領補佐官が辞任しました。 就任前からの側近中の側近でしたが、 1ヶ月も経たずに辞任に追い込まれました。 ただ、内容が内容です。 「フ

続きを見る

日経平均の「上値余地」と「春の相場」。

(午前0時の更新です) 重要日程を通過し安堵が広がりました。 日経平均は先週末に続いて上昇。 ただ、寄付近辺で最高値を記録した後は、 株も為替も一服感となっており、

続きを見る

「トランプ・バブル」の「おこぼれ」に「期待」。

首脳会談の結果に安堵する声が広がっています。 就任前後からトランプ氏が口走っていた日本批判は、 いずれも、米国から言われる筋ではないような、 「いちゃもん」に近い内容でしたが、

続きを見る

「運命の首脳会談」。

(午前0時の更新です) 日経平均はやや失速気味ながら膠着状態。 まだ「19000円近辺での様子見」の範囲内ですから、 日米首脳会談の首尾如何によっては、 再度、上昇していく

続きを見る

「まさか」は米英だけではない?

(午前0時の更新です) 昨日の日経平均はぐずぐずとした値動きの後、 引けにかけて強烈な買いが入って「引けピン」。 結果として19000円台になんとかのせ、 「19000円台

続きを見る

「出口」・・・「官製相場」が終わるとき。

(午前0時の更新です) 昨日の日経平均は小幅で下落。 「嵐の前の静けさ」なのか、 「次の飛躍」のための準備期間なのか、 日経平均はほとんど値が動かなくなっており、 む

続きを見る

「数ヶ月でここまで変わるのか」。

(午前0時の更新です) 日経平均は「19000円の攻防」を続けています。 一連の金融規制改革への着手を受けて、 米国の株式市場が大きく湧きましたので、 日経平均も少しだけつ

続きを見る

「満額回答」なら「黄金シナリオ」も。しかし、「まさか」の場合は・・・。

(午前0時の更新です) 「マッド・ドッグ」ことマティス国防長官の来日で、 日本側は安全保障面での「満額回答」をもらいました。 尖閣に日米安保を適用すると確約をとり、 駐留経

続きを見る

「百年に一度」の大変化か。

(午前0時の更新です) 前号メルマガで私が指摘した懸念、 すなわち最初の「超荒波」が発生する恐れが、 だんだん、冗談でも荒唐無稽でもなくなってきました。 無論、「トランプ・

続きを見る

「移行期」の混乱。日本の「明るい未来」。

(午前0時半の更新です) 昨日の朝は日本市場が一瞬、凍りつきましまた。 トランプ氏の「円安誘導批判」のニュースに、 ドル円は一時112円台に突入。 日経平均も19000円を

続きを見る

「米国覇権」終了後の世界。

(午前0時の更新です) 昨日の日経平均は大きく続落。 「トランプ・バブル」へ「期待」して買っていた人々も、 米国の大混乱ぶりを見て冷静になっているようです。 また、私が前号

続きを見る

日本が向かう先は天国か地獄か。

(午前0時の更新です) 昨日の日経平均は反落。 もちろん、わずか98円55銭の下落でとどまっており、 公的資金による買い支えがまだ効いている状況ですが、 為替が円高方向に動

続きを見る

2017年の最初の「まさか」。

世界がガラリと変わり、 どの国も激震に見舞われています。 2017年の最初の「まさか」は、 トランプ大統領が「選挙中の与太話」を、 本気で実行し始めたことかもしれません。

続きを見る

  • にほんブログ村 株ブログへ FC2Blog Ranking
  • □Author:時鳥(本名は明かせません。ごめんなさい!)

    ■元政策担当秘書(国会議員政策担当秘書資格試験合格)、シンクタンク勤務。投資家。会社経営者。永田町、霞ヶ関、内外シンクタンクに広がる人脈と、海外トップスクール、研究機関で得た国際経済、経済政策の知識をもとに、「相場の天底」を判断します。

    ■借金生活を挽回し、投資を始めて数年で築いた総資産は●億円。過去に手痛い失敗もありましたが、「負けない投資法」を確立しました。中長期的なスタンスで、年に数回のチャンスを捉えます。
PAGE TOP ↑