(午前0時半の更新です)

昨日は衆院選の公示日でしたが、

ミサイル発射でJアラートが鳴ることも、

小池都知事が突如、国政に復帰することも、

どちらもありませんでした。

「サプライズなし」への「安心」もあってか、

日経平均は終日、じりじりと上昇を続け、

年初来高値を記録する大幅高となりました。

北朝鮮が挑発を一段落させたことで、

半島情勢の今後のシナリオには、

若干の変化が生じてきた可能性があります。

ただ、「次のヤマ場」はもう少し先としても、

「危機」の次元は下がったわけではありません。

一方、国内政局の「次のヤマ場」ももう少し先ですが、

自公政権が陥落する可能性がほぼ消えたことで、

こちらは騒動の規模がかなり縮小しています。

今後の見立ては今週いっぱい諸情勢をよく見極めた上で、

いずれもまた次号メルマガ(第182号:10月15日)で。

さて。

衆院選の争点がいったい何なのか、

もはや政策の「プロ」達でさえ、

わけがわからなくなっていますが、

憲法や安全保障もさることながら、

「アベノミクスの成果」はあったのかどうかを、

国民、そして投資家は確認したいところです。

一見したところ芳しくはありません。

株や不動産の価格が上昇したのはよいとして、

「2%インフレ目標」は達成できず、

GDPも実質的賃金も足踏みが続き、

消費増税も財政再建も先送りが続くなど、

冷静に指標だけみれば「失敗」といえます。

有効求人倍率は改善しているものの、

総労働時間数はちっとも増えておらず、

諸外国に比べて低い生産性の向上もあいまって、

労働者の生活が楽になった実感はありません。

また、増大する財政破綻の「危機」をどうするか、

「異次元緩和」からの「出口」をどうするかなど、

「未来の国難」を突破する道筋については、

政権はまだ公の場で議論すらできないでいます。

こうした点を公平にみる限り、

アベノミクスを批判するほうの野党の主張に、

どうも分があるようにも思えるわけですが、

しかし、政府も与野党もメディアも語らないところで、

安倍政権は「おや?」という布石を打っています。

実のところ安倍政権は密かに「2015年総集編」
(http://divineoracle225.com/backnumber/2015.html)に書いた、

霞ヶ関の「未来設計図」とはまた違う角度で、

未来の人口動態に直結する重要な布石を、

安倍政権はそろりと目立たぬように打っており、

そこ効果もじわりと出つつある模様です。

足元、そして2020年代の日本には、

ずいぶんと大きな苦難が予想されますが、

しかしそれを超えた長期的な未来は、

決して暗くないと私は考えているのは、

安倍政権の打つこれらの布石もあるからです。

やはり私は長い目で見て日本の未来は明るいと考えます。

(しかしちょっと意外な感じの社会になっていそうですが)

海外投資家もこうした日本の水面下の変化は、

じっくりと注視しているようですので、

次号メルマガで指摘したいと思います。

★メルマガのお申し込みはこちら⇒「申し込みページへ

※当月中のお申込みいただいた方には、当月発行分のバックナンバー(第180号:10月1日、第181号:10月8日)が届きます。

【↓↓↓いつもお読みいただいて、ありがとうございます。少しでも参考になった方、面白いと思われた方は、以下のランキングページにクリックをお願いします↓↓↓】


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

全投資家必見!衝撃のメルマガ申込みはこちらから

※ バックナンバーについてはこちら → 【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2014】  アベノミクスの進撃
【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2015】  霞が関の予言「日本未来設計図」  【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2016】  「AI時代」と「百年の富」

※本ブログは国際情勢、政治、経済に関する情報分析と、私自身の相場観、相場分析、トレード・ノウハウをお伝えすることが目的です。読者の皆様への投資助言、推奨のようなことは一切行っておりません。また、記事の内容には万全を期していますが、市場では常に「想定外」の事柄が発生する以上、その正確性を保証するものではありません。さらにいえば、相場予測が正しくても、それで勝てるとは限りません。読者の皆様が、本ブログの記事を参考にトレードなさり、損失を出されることがあっても、筆者はいかなる意味でも責任を負いかねますことをご承知おきください。いずれにせよ、投資においては自己責任が絶対の原則ですから、情報武装、知識武装、リスクヘッジに万全を期されることをお勧めします。皆様が大きな富をつかまれることを、心よりお祈り申し上げます。

※本メールマガジン及び時鳥氏へのブログ等のコメントは時鳥氏及び時鳥メルマガ発行委員会の広報物あるいは著作等に使用させていただくことがございます。あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい関連記事