どうか 1000 回越えるまで 先生のお弟子さんも引き継ぎここは続けて欲しいです。 私たちは 孫の世代にもここを読むよう 引き継ぎます。

あわせて読みたい関連記事